2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« トルコ大爆勝6日目②(グランバザール) | トップページ | トルコ大爆勝2011Q&A①「トルコ大爆勝」って安いけどどうなの? »

2011年2月18日 (金)

トルコ大爆勝7・8日目(アエロフロートロシア航空で帰国)

朝5:30頃、雨音が響いている。しばらく気にしないで寝ていたんだけど、雨音はどんどん強くなる。密閉されているホテルなのに、ものすごく雨音が大きい。

Tk1201
ものすごい土砂降りかと不安になって起きてみると、どうも部屋の中で音がしている気がする。窓の手前で、ものすごい雨漏り。そして、窓の外を見てみると、曇り空だけど雨は降っていない。これは雨漏りじゃなくて、水漏れ?上の部屋の人が溢れさせたのかな?ゴミ箱をバケツ代わりにして、フロントに電話する。

係の人が来てもいいようにドアを開けると、他の部屋も同様の水漏れが発生している様子で、廊下に出ている人がいる。同じツアーの人の部屋はバスルームから水漏れした上で電気もつかないらしい。他の外国人の部屋では、入り口付近から滝のように水が流れている。

何度かホテルの係員が部屋を見に来るけど、朝6時から部屋を変えても、もう寝ないし、私の部屋は電気はついたし、水漏れも窓際だけだったので最終パッキングを始める。どうやら上の階が改修工事をしていて、その影響らしい。

Tk1202
「ホリディイン イスタンブール ノース」の朝食は、上品な感じ。

Tk1203
トルコ最後の朝ごはん。やっぱり、パンがおいしい。そして、これでゆで卵も、日本に帰国しちゃうと、しばらく食べることはない気がする。

Tk1204

出発は遅めの9時。“HOLIDAY INN ISTANBUL AIRPORT NORTH”の外観。

Tk1205

バスは、空港のそばのホテルから城壁跡を抜けて旧市街に向かう。海沿いに、魚市場が見える。

Tk1206
バスから見ても、大きな魚が見える。もし、個人手配旅行だったら、絶対に見に行ってる!

Tk1207
アヤソフィアは、昨日訪れたブルーモスクのすぐお隣。昨日撮った写真のほうがまだ明るいかも。写真は昨日のアヤソフィア。

Tk1208
今日のアヤソフィア。今日は雪が舞っていて寒い・・・。

Tk1209
アヤソフィアは、もともと教会として建てられ、その後、モスクに改修された。そして、今はどちらの宗教の教会ではなく博物館として共存している。モスク時代に漆喰に覆われていたキリスト教のモザイクが見える。

Tk1210
モスクとしての美しさと、教会としての美しさが共存している。

Tk1211
有名な、「マリアの手形」。親指を入れて、手が一周すれば願いが叶うという。

Tk1212
もともと教会だったものを改修したため、メッカの方向を示すミフラープが右にずれている。

Tk1213
自由行動の時にテラスに登る。思った以上に、階段を上る。テラスに登ると、内部を一望できる。

Tk1214
テラスにはモザイクが残っている。

Tk1215
もともとはキリスト教の教会であることを実感する。

Tk1216
アヤソフィアの見学を終えると、空港に直行。最終日は市内で買い物などはできず、車窓から最後のイスタンブール。だけど、なぜかジュース屋を撮影・・・。

空港では各自でチェックインを行う。座席の希望をカウンターで伝えましょう。出国審査を終えると、免税店。箱に入ったロクムやバクラワ、チャイなどは免税店で購入可能。トルコアイスを売っている売店もあり。残ったトルコリラを使い切る。ラクを買えなかったなぁ・・・。まだ、家にマルセイユの「パスティス51」が2本あるからいいか・・・。

Tk1217
イスタンブール14:05発、アエロフロート・ロシア航空SU208にてモスクワに向かう。やっぱり、モスクワで積んだ機内食、味はいま一つ。ビーフは「謎カレー」。

行きと同じようにモスクワで乗り継ぎ。カウンターで搭乗口を教えてくれて(もちろん団体ツアーは添乗員さんがやってくれる)、セキュリティチェックを通過。そして、出発階へ降りると、去年の7月からずーっと、ずーっと閉まっていた大きな免税店が開いてる!

もしかして、今日、2011年2月1日オープン?ちなみにシェレメチボ空港の免税店はユーロ建て。前回の経験だと、ユーロで買うとお釣りもユーロだけど、それ以外の通貨だとルーブルでお釣りが来てしまうみたい。少額のルーブルを手にしても困るので、もしもシェレメチボ空港の免税店でなにかを買おうと思ったら、ユーロ現金か、クレジットカードがおすすめ!

添乗員さんから、モスクワから成田に向かう飛行機は2-3-2のシートらしいという。このときに、アエロフロートで無料ワインが出ることがある「裏技」を添乗員さんから聞く。

Tk1218
きっと、アエロフロートロシア航空で一番大きい機材のエアバスA330-300は春節(旧正月)前で需要が大きい中国行きか韓国行きに当てられてしまったのだろう。19:40発のSU575便に搭乗すると、やっぱり個人モニタもないボーイングB767。シートもビニールぽくて安っぽい。結果的にはほとんど寝てたので、個人モニタがない影響はなかった。

Tk1219
食事前のドリンクサービスの時に、箱ワイン発見!気がつかなかったけど、前回も積んであったんだろうなぁ。箱ワインは、赤ワインと白ワインがちゃんとあり、ジュースと同じコップに入れてくれる。今までもあったのかなぁ?

Tk1220
機内食は2回。最初の食事はチキンのセレクトは「中華あんかけ焼きそば風」。イスタンブールからモスクワの間に出てきた「謎カレー」よりはおいしい。

Tk1221
2回目はお決まりのパンケーキ。アエロフロートのこのパンケーキ、3回目だけど、意外と好きだったりする。

無事に定刻に成田空港に到着。荷物も無事に出てきて、「トルコ大爆勝2011」の旅程を終了。また、明日から日常生活が始まってしまうのかと思うと、旅行って成田空港に向かう時が一番ときめいているような気がする。(トルコ大爆勝2011本編おしまいだけど、つづく)

(トルコ大爆勝7日目のポイント)
(1)アヤソフィアはバルコニーにあがってみよう。その時に、最初に正面からみて反時計回りの方向に進み、右側から見学すると効率がよい。
(2)最終日、市街でおみやげを買う時間はなく、空港内でしか買い物できないので要注意!
(3)モスクワ・シェレメチボ空港で買い物するときはカードがお勧め。ルーブルでお釣りが来ても困ります。

« トルコ大爆勝6日目②(グランバザール) | トップページ | トルコ大爆勝2011Q&A①「トルコ大爆勝」って安いけどどうなの? »

エアライン・搭乗記・機内食」カテゴリの記事

トルコ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先日のテレビ番組でベッキーさんが「マリアの手形」を試されていました。
ここだったんですねぇ。

お疲れさまでした。
ほとんど行った気になってしまいました。
市場やバザールも面白そうですが、ローマ遺跡やイスラムのモスクなど、壮大な歴史の痕跡に触れるのを楽しみにしています。
トルコ人は日本人にシンパシーを感じているそうですが、そのあたりも興味があります。

ほんと、旅行は行くまでがとても楽しいですよね。
私も日暮里あたりで気分最高なかんじになります。
出発までまだ一ヶ月以上あるのに、洋服とか
持ち物を考えるのが嬉しくって・・・・
今回値段につられて決めてしまったトルコですが、
楽しい旅行になれば良いなと思います。

くうさん
ちょうど、私がトルコに行っていた1/30放映だったようですね。場所はすぐにわかりますので、ぜひイメージトレーニングして・・・、チャレンジして下さい!

カッパドコヤさん
エーゲ海沿いのエフェスなどを訪れると、トルコのイメージが変わりましたね。「トルコ大爆勝」の場合、トロイ、ベルガマ、エフェスと訪れる順番に保存状態がよくなるので、楽しみにして下さい!

ユリコさん
私は、埼玉県民なので、江戸川を渡って千葉に入るとワクワクしてきます。旅行を決めると、目標ができたようで人生が楽しくなりますよね。仕事をしていると、当たり前ですが旅行前後はものすごく忙しくなりますが、目標のために、がんばれます。

私も埼玉ですよ。
じゃあ今度は江戸川渡るときにラコスケさんのように
ワクワクしちゃいますよ~

次回の”まだ知らないどこか”はもう決まってるんですか?
そのときは是非また拝見したいです。

まだ次の旅行先は時期も場所も決めてません。6~7日の旅程で、パッチワークのようにちょっとずつフランスの地方めぐりをしているので、たぶんフランスには行くと思います。
あとは、土日に関係のないシフト制の仕事なので、勤務表がでて平日3連休とかあれば、今はインターネットですぐに航空券がクリック一つで取れてしまう時代なので、ふらっと国内かアジアに出かけるかも知れませんけどね。自分が思い立ったときに旅立ててしまうのは「一人旅」のいいところ。友達と都合を合わせると行けなくなるし、まして38歳にもなると、すぐに決断できるフットワークのいい友達っていません・・・。

私も3月の終わりにツアーに参加するので、
ラコスケさんのブログ参考になりました。
ドライブインでの過ごしかや、
渋滞に巻き込まれてもめげない前向きさ、
スーパー寄れなくて残念でしたね。

ラコスケさんはフランスがお気に入りなんですねhappy01
フランスのどんなところに惹かれますか?
私はパリしか行ってないので・・・
トルコから話は脱線してしまいますが、ラコスケさんの視点から
お聞きしたいですねー。m(_ _)m

kazueさん、こんばんは。
本心では実はけっこう残念なのですが、そもそもの発端は悪天候なので、こればかりは誰にも責任はなく仕方がないですねぇ。起きてしまったことは、いつまでも過去を考えていたって、なにも生みません。きっと、ハプニングも、しばらく立てば、印象深い良い思い出になります。8日間の休暇を取っての、せっかくの旅行なのですから、楽しまないと損します!

団体パッケージツアーは現地に溶け込むことが少ないので、せめてトルコ人ぽく、毎回チャイを飲むのが今回の私のテーマでしたが、ぜひ、kazueさんも、旅程表には載っていない「トルコ大爆勝」の楽しみ方を見つけてください!

ユリコさん
日本を考えてみてください。東京だけを訪れて日本を訪れたと言えるでしょうか。
北海道があって、東北があって、京都があって、九州、四国があって沖縄がある。
風景も違えば、おいしいものも違います。

私も、もちろん、最初はパリでした。何回か旅行するうちにフランスの地方を
訪れたときに、パリとは印象が違うことに気がつきました。大都会パリよりも
フランスは田舎のほうが楽しいことにも。

フランスも、地方によってワインもチーズも違えば名物料理も違いますし、
町の雰囲気も違います。ということで、最近はフランスに行くというよりは、
国内旅行で北海道旅行をするように、例えば昨年は「ブルターニュ」を味わう
ために旅行をしています。

ブルターニュを味わうなんて私も言ってみたいです。
フランスは広いですから、地方巡りの旅はまだまだ完結しませんね。
田舎といえば、私が最近興味があるのは南イタリアの
アルべロベッロとマテーラ。
もしかしてラコスケさん行かれたことないですか?
トルコ大爆勝から興味がラコスケさんの旅行観に変わってしまいましたが・・・
もし時間があればおつきあいくださいm(_ _)m

ユリコさん
近日中にmixi日記から2010年12月「アマルフィ編」をこちらに再編集して移植しようと思ってはいます。もしもmixiのIDをお持ちでしたら、このブログのプロフィールの一番下にmixiの私のページをこっそり載せましたので、アマルフィ・ローマ編、ブルターニュ・パリ編等を見たかったらどうぞ。なお、そのうちに知らないうちに消えているかもしれません。

ありがとうございますwink
移植?されてくるのを楽しみにしています。
でもmixiの登録簡単にできそうならやってみます。
すぐ見たいので。

ユリコさん
今日から、南イタリアの入口である「アマルフィ」編をアップし始めます。

 すばらしい記事をありがとうございます
同じ、トルコ大爆勝のツアーに参加直前にたどり着いて
参照させていただきました

実際、ほとんど同じで盛りだくさんで楽しんできました、本当にありがとうございます
目的はブルーモスクとアヤソフィアでしたが、すばらしかった、生で見れてよかったです

他の国も紹介していただけるとうれしいです

ぽちたまさん、はじめまして。
事前に調べていても、やはり、自分の目で見て、空気を肌で感じる風景にはかないません。
トルコ、なかなか楽しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/50900645

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ大爆勝7・8日目(アエロフロートロシア航空で帰国):

« トルコ大爆勝6日目②(グランバザール) | トップページ | トルコ大爆勝2011Q&A①「トルコ大爆勝」って安いけどどうなの? »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ