2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« トルコ大爆勝6日目①(イスタンブールのブルーモスク) | トップページ | トルコ大爆勝7・8日目(アエロフロートロシア航空で帰国) »

2011年2月17日 (木)

トルコ大爆勝6日目②(グランバザール)

Tk1101

いよいよグランバザールへ。門をくぐると、そこにはバザールが待っている!

Tk1102
自由時間は1時間ちょっと。イスタンブールのグランバザールは、今まで訪れたことのあるチュニジアのメディナやカイロのハンハリーリよりも、道も広くて整然とした感じ。地図と方角を見失わなければ、バザール歩きはけっこう余裕。

※参考(チュニスのメディナ2009.12)

Tk1104
チュニスのメディナは道が狭くて、1人ですれ違うのがやっと。人通りが多いと身動きが取れなくなる。狭い道だし、曲がっているので、方向性を失いやすく、どこに行くのかわからない。

Tk1103
安くはないのだろうけど、市場が大好きな私としては楽しい。スーパーマーケットに行けなかったので「ロクム」を買ったり、事前に調べておいたオリーブ石けん専門店に行ってみたり。地球の歩き方2011に載っている手芸のお店は、もうなかったり・・・。そう、わりと地図を見て狙い通りに目的地に到達できる。

Tk1105
グランバザールからバスに乗り、昼食はガラタ橋そばのレストラン。ビールは8リラ。

Tk1106
おそらく、昨年の「トルコ大爆勝2010」とはレストランが変更になっており、窓の外からガラタ橋が眺められていい感じ。

Tk1107
まずは、パンが出て、スープ。

Tk1108
ピザのような「ピタ」

Tk1109
そしてメインはドネルケバブ!ユーロ高のころに「お金を節約するため」に、パリでよく食べたけど、本場トルコで食べるドネルケバブはおいしい!

Tk1110
デザートはバクラワ。パイがあまーいシロップにつけられている。でも、このレストランのバクラワ、パイがさくっとしてておいしい。このお店、バクラワが名物らしく、レストランの入口でたくさん売ってる。

Tk1111
野良ニワトリ!?こんな町中で飼われている!?

Tk1112
ガラタ橋そばの船乗り場から、ボスボラス海峡クルーズへ。21人中、7名がオプションに参加せず、14人だけの貸し切りクルーズ。自由行動の場所はガラタ橋のすぐそば。えー、こんな町の中心で自由行動なら、オプショナルツアーに申しこまないでエジプシャンバザールとガラタ橋のそばで「サバサンド」食べた方が楽しかったかも・・・なんて思ってみたり。
※どこで自由行動になるかは、そのツアーによるので解散場所は毎回違うかも。

Tk1113
トルコ人は釣りが大好きなのか、ガラタ橋は釣り人でいっぱい。

Tk1114
今朝、アジアサイドから渋滞を抜けて渡ったボスポラス大橋。あっ、クルーズ船の中での飲み物はジュースもチャイも有料。

Tk1115
黒海とマルマラ海を結ぶ海上交通の要所に立つルメリ・ヒサルという要塞。

Tk1116
日本の技術の結晶、第2ボスポラス大橋(ファティフ・メフメット大橋)。

Tk1117
海峡の中にあるクズ塔。写真はだいぶ省略しているので、これ以外にも見所いっぱいで、ボスポラス海峡クルーズ、それなりに楽しかった。

Tk1118
その後、バスに乗って橋を渡り、世界一短い地下鉄、テュネルの体験乗車。

Tk1119
テュネルに乗って上にあがり、イスティクラル通りの入口を見たあと、現地ガイドについていくと、坂をどんどん下りていく。そして、なんと、元の道に…。ホントに「体験」だけで乗った意味ないじゃん。どうせなら、もう1回テュネルに乗って降りてくればよかったのに!

その後、再びバスでタクシム広場に行き、イスティクラル通りを1時間半くらい自由散策。実はイスティクラル通りの写真は、すでに日が落ちてしまい、フラッシュを発光させないと写真が撮れず、自由に取れないこともあり、写真に撮ってない。

イスティクラル通りは、トルコ人も集まるおしゃれな町。トルコ独自のブランドのブティックや、ヨーロッパのどこにでもあるブランドが並んでいる。一本道なので迷うことはないので、地図を持ってくれば、もしも、狙っているブランドがあれば自由散策の時間で十分に楽しめる。

でも、「市場」の風景が大好きな私のおすすめは、ぜひガイドブックの地図で場所を確認してほしいんだけど「魚市場」の周辺。ガイドブックには魚市場と書いてあるんだけど、市場というよりは、魚屋さんや八百屋さんなど、生活に密着したお店がならんでおり、楽しい。グランバザールはどうしても、観光地的な要素が多いけど、市場の風景はイスタンブールの生活を垣間見えるような気がして、楽しい。

それから、この通りには、トルコ菓子の専門店がいくつかある。そのうちの一つに入ってサレップを飲む。ミルクっぽい味だったけど、写真撮っておけばよかったなぁ。その専門店でバクラワを包んでもらう。ちゃんとしたお菓子屋さんで買ったバクラワは、日本で食べてもおいしい。空港やおみやげ屋で買うよりも、現地のお菓子屋さんのものを持って帰るのが好きで、よく最終日に現地で良さそうなお菓子屋さんを見つけては、多少日持ちしそうなお菓子を持って帰ってる。

ということで、写真も撮らずに、この旅行中、唯一というべき「個人自由旅行」を楽しんじゃいました。

その後、バスはベリーダンスショーの会場へ。その前に、昨日、アンカラのスーパーに行けなかったかわりに、ベリーダンスショーのお店のそばの小さなスーパーに立ち寄ってくれる。※アンカラでショッピングセンター行けなかったから、特別です!

Tk1120
その後、ベリーダンスショーを見ながら夕食。席に着くとすでに前菜が並べられている。ビール10リラ。

Tk1121
ステージはこんな感じ。ここでベリーダンスが行われる。

Tk1122
最初は前座?

Tk1123
メインは肉料理を選択。

Tk1124
いよいよベリーダンス!

Tk1125
最後にデザート。20時半から22時くらいまで1時間半のショーだけど、寝台列車を降りてから、ずーっと観光だったので、けっこう疲れている。うーん、ベリーダンスショーはオプションでもいいかな?というのが率直な感想・・・。

Tk1126
この日のホテルは、空港そばの「ホリデーイン ノース」。でも、翌日も旧市街で観光なので空港そばのホテルのメリットはないんだけど。さすがにホリデーインだけあって、部屋はきれい。ちなみに、wifiは無料。

Tk1127
ホリディイン イスタンブール ノース
HOLIDAY INN ISTANBUL AIRPORT NORTH

Tk1128
スーパーで買ったおみやげを一部広げてみる。チャイグラスをわずか2リラくらいで購入!スーパーで買った安物のほうが割れづらいし、普段使いには最適!世界各国で集めているクノールカップスープ。サレップにチャイ。それに、なぜか目についてしまったヒマワリの種。ものすごく個人的なんだけど、中国や台湾でスイカの種を買ったり、種を食べる文化って好き。

さーて、帰国のための最終パッキングしなくちゃ。

(トルコ大爆勝6日目後半のポイント)
(1)グランバザールの地図を持っていこう。出発前に「現在地」の門を確認すること!
(2)1時間くらいの自由行動があるので、ガイドブックやネットでお目当てのお店の場所を調べておこう。
(3)言い値で買ってはダメだけど、値切るのは楽しみ程度に。
(4)グランバザール内で迷ったら、地図を見せて人に聞こう。
(5)イスティクラル通りの地図を持っていこう。魚市場がおすすめ。
(6)イスティクラル通りで、ファッション系を初めとして、お目当てのお店を調べておこう。
(7)ラクやはちみつなどの液体物やジェル状のおみやげは、この日までに買って、スーツケースに入れること!

« トルコ大爆勝6日目①(イスタンブールのブルーモスク) | トップページ | トルコ大爆勝7・8日目(アエロフロートロシア航空で帰国) »

トルコ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
母が2/15出発でこのツアーで旅行中です。
出発前から参考にさせていただきました。ありがとうございます。
ひきつづき明日も楽しみにしています。

グランバザールは、メディナと比べると結構整然としていますね。
私も2009年7月にチュニジア周遊してきましたので、チュニジアのメディナの写真を拝見して懐かしくなりました。
喧騒と人ごみで、雑貨を買って通り抜けるのがやっとという感じでしたが。
今回の自由行動の時間は、ゆっくり見て回りたいですね。

くうさん、はじめまして。
ちょうど今、行かれているのですね。感じ方は人それぞれですが、ちょっと忙しいですが、「トルコ大爆勝」はいいツアーだと思いますよ。よい旅をされるとよいですね!

カッパドコヤさん
チュニジアに行かれたのですね。私は個人旅行で7日間という旅程で組んだため、チュニス周辺しかいけていないので、周遊はうらやましいです。チュニスのメディナの雰囲気をご存じでしたら、グランバザールは余裕でしょう。地図があれば、目的地に行けると思うので、行ってみたいお店があったら調べておくとよいかもしれません。ちょっと1時間程度だと時間が少ないのですが・・・。

バザールのような狭い所にお店が並んでるのって
大好きなんですが・・・
おそろしく方向音痴なんですよ。地図で確認といっても
その地図が読めない!!一人じゃ歩けませんね。

その日のポイントすごく参考になります。

ユリコさん
スタート地点のみ把握してしまえば、入ったお店とかで、地図を見せて聞いちゃえば大丈夫です。もっと広大な迷宮をイメージしましたが、中心部のオールドバザールまで5分もかからないと思います。大丈夫ですよ!

世界のクノールスープ集めてたんですね・・・
どこの国のが美味しかったですか?
トルコではこの写真のマッシュルームのが私は好きでした。
帰ってきてから読み直すと、また面白いですね(*^ω^*)ノ彡

ユリコさん
一番のお気に入りは、フランスの「オニオングラタンスープ」です。インスタントスープなのにおいしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/50892351

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ大爆勝6日目②(グランバザール):

« トルコ大爆勝6日目①(イスタンブールのブルーモスク) | トップページ | トルコ大爆勝7・8日目(アエロフロートロシア航空で帰国) »

Link

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ