2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

PR

にほんブログ村

Voyages

« トルコ大爆勝2011Q&A⑤トルコでの電子機器の充電 | トップページ | ローマ・アマルフィ6日間1・2日目①サレルノへ »

2011年2月23日 (水)

外交官黒田康作を追う「ローマ・アマルフィ」6日間

Am00

※「トルコ大爆勝2011」よりも時期的には前なのですが、2010/12/3~8に個人手配旅行で行った「ローマ・アマルフィ6日間」一人旅の旅行記をアップします。なお、もともとmixi日記に載せていたものを再編集したものです。

JALで12月の航空運賃を調べてみて、航空券が安い12月なら、予算的にも、もしかして旅立てるかもしれないなと感じる。12月の仕事のスケジュールを見ると、6日間だけならば仕事の隙間を作ることができそう。旅行に行けるか、行けないかは、短い隙間を見つけることが大切で、「せっかくだから長く行きたい」なんて思っている人は、長い休暇なんて見つけられずに旅行に行けない。旅行の前後は仕事が忙しくなるからいやと思う人も行けない。旅行の前後が忙しくなるのは当たり前で、それがいやだったら旅行になんて行けない。でも、日数をコンパクトな日程にすれば、仕事の山もなんとかなる。仕事は忙しくなるけど、短い旅程でも仕事に関係ない世界にひたるからこそ、前向きにがんばれるような気がする。

今回の場合は、まず6日間という旅程を先に決める。次に訪問地を考える。2009年2月にミモザの咲くニースを訪れてから、あまり観光客のいない冬の静かな海の風景をのんびり見るのもなかなか好き。現地で3日間しか取れないけど、短い時間でも海を見て過ごすのもいいかもしれない。

今回の旅行の日程は6日間。旅費は、燃料費、ホテル代込みで予算10万円。6日間で10万円という限定をつけて、行ける場所で海が見られる風景を探してみる。

東南アジアのビーチもいいけど、どうもリゾートしかない場所に一人旅というのは踏み出せない。それに、航空運賃が6万円でヨーロッパまで行けてしまうなら、アジアよりもヨーロッパのほうが得なんじゃないか、なんて、いろいろ考えると、やっぱり地中海沿いを探している。

パリは2010年10月に行ったばかりだし、それに2010年のフランスは年金問題でストライキが起きる可能性があり、予定通りに行かない可能性がある。予定通りにいかないというのは短い旅程では影響が大きいので、コートダジュールもいいけど今回は「フランス以外」を考えてみる。

そうなるフランス以外で行ってみたい海の風景を考えると、ギリシャのサントリーニ島。イタリアのチンクエ・テッレ(Cinque Terre)。あとは最近、織田裕二主演の映画「アマルフィ~女神の報酬~」の舞台にもなったアマルフィ(Amalfi)?

チンクエ・テッレに行くにはミラノ・マルペンサ空港だけど、昨年12月に大雪で飛べなくなりそうだった経験があり、12月のミラノ・マルペンサ空港は大雪が降ると危険な気配。ギリシャは、アテネだけならいいけど、エーゲ海まで出るとなると6日間だと短い。そうなると、残るはアマルフィ?

ナポリ、カプリ島などを無視すれば、ローマから1泊2日で旅程が組めそう。2度目のローマで1日くらいは「ローマの休日」を味わうこととして、現地3日間で旅程的にちょうどいい感じ。かなり、映画「アマルフィ~女神の報酬~」で取り上げられた印象が大きいけど、まあ、旅のきっかけなんて、そんなもの。映画で見た風景を自分の目で見てみたい。テレビや雑誌で見た風景を自分の目で見てみたい。小説の舞台を見てみたい。旅の始まりなんて、そんなもののような気がする。

今回の旅のテーマは、アマルフィで「リモンチェッロ (Limoncello)」を飲む。ということで、予算10万円でアマルフィとローマ6日間で調べて見ることにする。

航空券のほうは、予定している日程で最も安いのはアエロフロートロシア航空の52,500円。燃料費込みでも78,390円と安いし、予算10万円でなんとかするためには、ここは割り切るしかない。以前は、アエロフロートロシア航空はサービスが悪そうで敬遠していたけど、一度乗ってしまえば機材もイリューシンとかツポレフじゃなくて、新しいエアバスA330。ターミナルも新しくなっているし、今回は10万円で押さえるために最安値のアエロフロートロシア航空で決定。ローマの駅前ホテル3泊を18,300円(1泊あたり6100円)と、アマルフィのホテルを60ユーロで手配し、3000円くらいオーバーだったけど、約10万円で手配完了!

(1日目:12/3)アエロフロートロシア航空でモスクワ経由ローマへ(ローマ泊)
(2日目:12/4)ローマからサレルノ経由でアマルフィへ(アマルフィ泊)
(3日目:12/5)ポジターノ・ソレント・ナポリを巡ってローマへ(ローマ泊)
(4日目:12/6)ローマの1日(ローマ泊)
(5日目:12/7)アエロフロートロシア航空で帰国
(6日目:12/8)成田着

ということで、「アマルフィ~女神の報酬~」で事件の起きた12月のクリスマス前のアマルフィへ!

« トルコ大爆勝2011Q&A⑤トルコでの電子機器の充電 | トップページ | ローマ・アマルフィ6日間1・2日目①サレルノへ »

イタリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

アマルフィいいですねshine
私も映画見ましたmovieもちろん、今のtvドラマも見てますがcoldsweats01
小さい町sign02だけど、すごく魅力を感じます。
ただ私の場合、5日間以上の連続休暇が、1年に1回しかとれずweep
海外旅行には、毎年1回だけ・・・
今年は、トルコにしたのでwinkイタリアは、来年以降ですdespair

Kazueさん
ドラマ、私もなにげに見ちゃってます・・・。
「アマルフィ-女神の報酬-」は小説版のほうがスケールが大きくておもしろいです。
ヨーロッパは大都市よりも地方都市のほうが楽しい気がします。ぜひ、来年以降、
おすすめです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571047/50945663

この記事へのトラックバック一覧です: 外交官黒田康作を追う「ローマ・アマルフィ」6日間:

« トルコ大爆勝2011Q&A⑤トルコでの電子機器の充電 | トップページ | ローマ・アマルフィ6日間1・2日目①サレルノへ »

Link

無料ブログはココログ